核兵器のない世界を(A World Free of Nuclear Weapons)

By GEORGE P. SHULTZ, WILLIAM J. PERRY, HENRY A. KISSINGER and SAM NUNN January 4, 2007; Page A15
ジョージ・P.シュルツ、ウィリアムJ.ペリー、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー、およびサム・ナン; ウヲールストリート・ジャーナル 2007年1月4日 A15ページ

核兵器は今日、すさまじい危険性を体現している。しかし同時に、世界を次の段階に導くうえで米国が指導的役割を果たす歴史的な機会を与えている。その次の段階とは、核への依存が生命線だという世界に広まっている発想を逆転させ、邪悪な者の手に核が拡散する潜在的な危険を防ぎ、世界への究極的な脅威を取り除くのに役立つ、強固なコンセンサスを目指す段階である。核兵器は冷戦期には抑止力であったので、国際安全保障を維持するのに不可欠であった。 冷戦の終結により、ソ連と米国の相互抑止主義は時代遅れになった。 多くの国家にとって、抑止力は他国の脅威に対抗するために有効だと考えれ続けている。 しかし今や、その目的で核兵器に依存するのは、すさまじい危険性をはらみつつあり、その有効性は低下している。

北朝鮮の最近の核実験と、可能性としては、兵器級の濃縮ウランを目指すプログラムの中止を拒否するイランは、世界が現在、新に危険な核時代の瀬戸際にあるという現実を際立たせている。 最も警戒すべきは、国家ではないテロリストが核兵器に手を伸ばす可能性が増大していることだ。 世界秩序に対し仕掛けられたテロリストによる今日の戦争においても、核兵器は大量破壊のための究極の手段である。 そして、核兵器を持つ非国家テロリスト集団は、原理的に抑止戦略のわくを超える存在であり、安全保障の困難きわまる新しい課題をつきつけている。


テロリストの脅威の他にも、緊急に新しい対処行動を取らなければ、米国は遠からず、新たな核の時代に否応なく突入させられることになるだろう。その時代とは、冷戦期の核抑止より不安定で、心理的に焦慮させられ、経済的な損失を強いるものであろう。 世界中で増え続ける核兵器を持つ可能性のある敵との間で、米国と旧ソ連との間にあった「相互確認破壊」体制を首尾よく、確からしく再現しようとすれば、核兵器使用の危険性を劇的に高めるしかない。

原子力事故、誤認、あるいは無許可の発射を防ぐための安全管理装置のために、冷戦期には、一歩一歩段階的に何年もかけたのだが、新しい核保有国にはその余裕はない。米国と旧ソ連は、致命的とはならなかったミステイクから学んだ。 両国は冷戦期に、故意であろうと偶発的であろうと、いかなる核兵器も使用されないことを保証するための努力を傾注した。 新しい核保有国と新たな核世界の次の50年間、冷戦期のわれわれと同じくらいの幸運がありえようか?

過去の指導者たちはこの課題を取り上げている。 1953年、国連への「平和のための原子力」という意見表明のなかで、ドワイト・D・アイゼンハワーは、次のような米国の誓約を行なった。「恐ろしい原子力のジレンマを解決するため、つまり、この奇跡のような人類の発明を、人類滅亡の道具にせず、生活に奉仕させる方途を見出すのに、米国は全身全霊を捧げる決意である」 核軍縮の行き詰まりを打開しようとしてジョン・F・ ケネディは次のように述べた。「世界を、人類が処刑されるのを待つ刑務所にしてはならない」

ラジブ・ガンジーは、1988年6月9日の国連総会において、次のように訴えた。
「核戦争は、1億人の死を意味するだけではありありません。 10億人の死でさえない。 それは40億人の消滅を意味するのです:この惑星地球でわれわれが生命として知っているものの終焉を意味するのです。私は、あなたのサポートを求めるために国連に来ました。この狂気を終わらせるために、私は、あなたのサポートを求めます」

ロナルド・レーガンは全ての核兵器の廃絶を呼びかけた。「核兵器は、完全に不合理で、全く非人間的で、殺し以外の長所は皆無で、ことによると、地球上の生命と文明を破壊する」と考えた。ミハイル・ゴルバチョフはこのビジョンを共有していた。これはまた、以前の米国大統領たちも表明しているところである。レーガンとゴルバチョフ氏は、レイキャビクでは、すべての核兵器を撤去する協定を結ぶというゴールには到達しなかったが、焦眉の問題だった軍備競争を転回させるのに成功した。 巡航ミサイルの全廃を含む、長・中距離核戦力配備のかなりの削減に通じるステップを踏み出した。

レーガンとゴルバチョフ氏が共有したビジョンを再び点火するのに何が求められるのか? 核の脅威の大きな低減に通じる一連の具体的なステップが明確になる世界的なコンセンサスを形成することは可能なのか? これら二つの疑問によって提起される課題に緊急にとりくむ必要がある。

核拡散防止条約(NPT)はすべての核兵器の終結を想定した。 (a) 1967年の時点の核兵器非保有国は、核を保有しないことに同意する、(b) 核保有国は、時間をかけても核兵器を放棄することに同意する。 リチャード・ニクソン以来、民主共和両党のすべての大統領は、これらの条約義務履行を保証したが、非核保有国の核保有国の誠意に対する疑いは次第に強くなった。

核拡散防止の強力な取り組みが進行している。 脅威低減共同計画(Cooperative Threat Reduction program)、地球規模脅威低減イニシアチブ(Global Threat Reduction Initiative)、核拡散防止イニシアチブ(Proliferation Security Initiative)、および追加プロトコルは、NPTに違反して世界を危険にさらす活動を検出するための強力な新しいツールを提供する革新的なアプローチである。 それらを完全に実施するのは有意義である。 北朝鮮とイランによる核兵器の増殖に関し、国連安全保障常任理事国にドイツと日本を加えた各国による協議は決定的に重要である。これをエネルギッシュに追求しなければならない。

しかし、それらのステップはいずれも、それだけで、この危険には適切に対処できない。 レーガン大統領とゴルバチョフ第一書記は20年前に、レイキャビク会談でさらに多くを切望した、核兵器の完全廃絶であった。彼らのビジョンは、核抑止論の専門家にショックを与えたが、世界中の人々の希望を強く後押しした。 核兵器の最大の備蓄がある2国のリーダーが、最強力な兵器の撤廃について議論したのだった。

何をなすべきか? NPTの誓約とレイキャビクで思い画かれた可能性は実現されえるだろうか? われわれは次のことを確信する。確実な段階を踏んで積極的な解決策を構築するための最大の取り組みが米国の手によって発進させられるべきである。

最初のそして最優先の取り組みは、核兵器を保有する各国のリーダーたちが、核のない世界を目指すことを共同の事業にすることである。核兵器保有国の基本戦略の変更を含むこの共同事業は、核武装の北朝鮮とイランの出現を避けるため既に進行中の努力にさらなる重みを加えることになるだろう。

協定に盛られるべきプログラムは、核の脅威が取り除かれた世界のための土台を作る一連の同意された緊急のステップにより構成されることになるだろう。 これらはつぎのステップである:

* 核兵器の冷戦期配備体制を変更し、警告用の時間を延長することにより、核兵器の偶発的および無権限使用の危険性を低減する。
* 核保有諸国の核戦力のサイズを実質的に減少させ続ける。
* 配備予定で開発中の短距離核兵器の廃絶。
* 包括的核実験禁止条約の批准を達成することへの確信を強化し、定期的審査を準備することを前提にした上院両党共同作業の開始。最近の技術的進歩を利用する。他の重要諸国の批准を保証する努力。
* 世界のあらゆる場所の核兵器、核兵器仕様プルトニウム、および高濃縮ウランに対する最高水準の安全管理手段の提供。
* ウラン濃縮過程の管理。原発用のウラニウムが、まず核燃料供給グループ、次にIAEAまたは他の管理下国際備蓄からの供給保証と連結。発電用原子炉の使用済み燃料が引き起こす拡散の問題に取り組む必要がある。
* 兵器用核分裂性物質生産の地球規模の停止; 民生営業で高濃縮ウランの使用を段階的に廃止し、世界中の研究設備から兵器使用可能なウランを除去し、核分裂物質の安全管理する。
* 新しい核勢力を発生させる、地域紛争、抗争の解消努力を倍化する。

また、核兵器のない世界という目標を達成するのは、いかなる国家または人民でもその脅威となる怖れのあるいかなる核関連の行為をも阻止し対抗するための効果的な措置が必要であろう。

核兵器のない世界というビジョンの再確認およびその目標達成に向けた実効のある手段は、米国の倫理的伝統に合致する大胆な歩みだしであろうし、またそのように認められるであろう。

その努力は、次世代の安全保障に深く前向きなインパクトを与えるにちがいない。この大胆なビジョンを持たない行動は、公正とも緊急性がるとも考えられない。その行動をともなわないビジョンは、現実的でもないし可能性もないと受け取られてもやむをえない。

われわれは、核のない世界という目標の設定を推奨し、前に略記した、その目標を達成するのに要する行動を初めとするエネルギッシュな取り組みを支持する。

スタンフード大学フーバー研究所の特別フェロー、シュルツ氏は、1982年から1989年まで国務長官であった。ペリー氏は、1994年から1997年まで国防長官であった。キッシンジャー氏は、1973年から1977まで、国務長官であった。ナン氏は、元上院軍事委員会委員長。

会議はシュルツ氏が主催し、シドニー・D・ドレルがフーバー研究所において、リーガンとゴルバチョフがレイキャビックに持ち込んだビジョンを再認識することを提案した。シュルツ、ドレル両氏に加えて、会議参加者の次の々が、本論説の見解を支持している。マーチン・アンダーソン、スチーブ・アンドリーセン、マイケル・アルマコスト、ウィリアム・クラウ、ジェイムス・ヅッドバイ、トーマス・グレアム・Jr、トーマス・ヘンリクセン、デイビド・ホロウェイ、マックス・ケイペルマン、ジャック・マトロック、ジョン・マクローリン、ドン・オーベルドルファー、ロザンヌ・リッジウェイ、ヘンリー・ロウェン、ロールド・サグデーフおよびアブラハム・ソファー。

Mr. Shultz, a distinguished fellow at the Hoover Institution at Stanford, was secretary of state from 1982 to 1989. Mr. Perry was secretary of defense from 1994 to 1997. Mr. Kissinger, chairman of Kissinger Associates, was secretary of state from 1973 to 1977. Mr. Nunn is former chairman of the Senate Armed Services Committee.
A conference organized by Mr. Shultz and Sidney D. Drell was held at Hoover to reconsider the vision that Reagan and Mr. Gorbachev brought to Reykjavik. In addition to Messrs. Shultz and Drell, the following participants also endorse the view in this statement: Martin Anderson, Steve Andreasen, Michael Armacost, William Crowe, James Goodby, Thomas Graham Jr., Thomas Henriksen, David Holloway, Max Kampelman, Jack Matlock, John McLaughlin, Don Oberdorfer, Rozanne Ridgway, Henry Rowen, Roald Sagdeev and Abraham Sofaer.

A World Free of Nuclear Weapons

By GEORGE P. SHULTZ, WILLIAM J. PERRY, HENRY A. KISSINGER and SAM NUNN January 4, 2007; Page A15

Nuclear weapons today present tremendous dangers, but also an historic opportunity. U.S. leadership will be required to take the world to the next stage -- to a solid consensus for reversing reliance on nuclear weapons globally as a vital contribution to preventing their proliferation into potentially dangerous hands, and ultimately ending them as a threat to the world.

Nuclear weapons were essential to maintaining international security during the Cold War because they were a means of deterrence. The end of the Cold War made the doctrine of mutual Soviet-American deterrence obsolete. Deterrence continues to be a relevant consideration for many states with regard to threats from other states. But reliance on nuclear weapons for this purpose is becoming increasingly hazardous and decreasingly effective.

North Korea's recent nuclear test and Iran's refusal to stop its program to enrich uranium -- potentially to weapons grade -- highlight the fact that the world is now on the precipice of a new and dangerous nuclear era. Most alarmingly, the likelihood that non-state terrorists will get their hands on nuclear weaponry is increasing. In today's war waged on world order by terrorists, nuclear weapons are the ultimate means of mass devastation. And non-state terrorist groups with nuclear weapons are conceptually outside the bounds of a deterrent strategy and present difficult new security challenges.

Apart from the terrorist threat, unless urgent new actions are taken, the U.S. soon will be compelled to enter a new nuclear era that will be more precarious, psychologically disorienting, and economically even more costly than was Cold War deterrence. It is far from certain that we can successfully replicate the old Soviet-American "mutually assured destruction" with an increasing number of potential nuclear enemies world-wide without dramatically increasing the risk that nuclear weapons will be used. New nuclear states do not have the benefit of years of step-by-step safeguards put in effect during the Cold War to prevent nuclear accidents, misjudgments or unauthorized launches. The United States and the Soviet Union learned from mistakes that were less than fatal. Both countries were diligent to ensure that no nuclear weapon was used during the Cold War by design or by accident. Will new nuclear nations and the world be as fortunate in the next 50 years as we were during the Cold War?

Leaders addressed this issue in earlier times. In his "Atoms for Peace" address to the United Nations in 1953, Dwight D. Eisenhower pledged America's "determination to help solve the fearful atomic dilemma -- to devote its entire heart and mind to find the way by which the miraculous inventiveness of man shall not be dedicated to his death, but consecrated to his life." John F. Kennedy, seeking to break the logjam on nuclear disarmament, said, "The world was not meant to be a prison in which man awaits his execution."

Rajiv Gandhi, addressing the U.N. General Assembly on June 9, 1988, appealed, "Nuclear war will not mean the death of a hundred million people. Or even a thousand million. It will mean the extinction of four thousand million: the end of life as we know it on our planet earth. We come to the United Nations to seek your support. We seek your support to put a stop to this madness."

Ronald Reagan called for the abolishment of "all nuclear weapons," which he considered to be "totally irrational, totally inhumane, good for nothing but killing, possibly destructive of life on earth and civilization." Mikhail Gorbachev shared this vision, which had also been expressed by previous American presidents.

Although Reagan and Mr. Gorbachev failed at Reykjavik to achieve the goal of an agreement to get rid of all nuclear weapons, they did succeed in turning the arms race on its head. They initiated steps leading to significant reductions in deployed long- and intermediate-range nuclear forces, including the elimination of an entire class of threatening missiles.

What will it take to rekindle the vision shared by Reagan and Mr. Gorbachev? Can a world-wide consensus be forged that defines a series of practical steps leading to major reductions in the nuclear danger? There is an urgent need to address the challenge posed by these two questions.

The Non-Proliferation Treaty (NPT) envisioned the end of all nuclear weapons. It provides (a) that states that did not possess nuclear weapons as of 1967 agree not to obtain them, and (b) that states that do possess them agree to divest themselves of these weapons over time. Every president of both parties since Richard Nixon has reaffirmed these treaty obligations, but non-nuclear weapon states have grown increasingly skeptical of the sincerity of the nuclear powers.

Strong non-proliferation efforts are under way. The Cooperative Threat Reduction program, the Global Threat Reduction Initiative, the Proliferation Security Initiative and the Additional Protocols are innovative approaches that provide powerful new tools for detecting activities that violate the NPT and endanger world security. They deserve full implementation. The negotiations on proliferation of nuclear weapons by North Korea and Iran, involving all the permanent members of the Security Council plus Germany and Japan, are crucially important. They must be energetically pursued.

But by themselves, none of these steps are adequate to the danger. Reagan and General Secretary Gorbachev aspired to accomplish more at their meeting in Reykjavik 20 years ago -- the elimination of nuclear weapons altogether. Their vision shocked experts in the doctrine of nuclear deterrence, but galvanized the hopes of people around the world. The leaders of the two countries with the largest arsenals of nuclear weapons discussed the abolition of their most powerful weapons.

What should be done? Can the promise of the NPT and the possibilities envisioned at Reykjavik be brought to fruition? We believe that a major effort should be launched by the United States to produce a positive answer through concrete stages.

First and foremost is intensive work with leaders of the countries in possession of nuclear weapons to turn the goal of a world without nuclear weapons into a joint enterprise. Such a joint enterprise, by involving changes in the disposition of the states possessing nuclear weapons, would lend additional weight to efforts already under way to avoid the emergence of a nuclear-armed North Korea and Iran.

The program on which agreements should be sought would constitute a series of agreed and urgent steps that would lay the groundwork for a world free of the nuclear threat. Steps would include:

* Changing the Cold War posture of deployed nuclear weapons to increase warning time and thereby reduce the danger of an accidental or unauthorized use of a nuclear weapon. * Continuing to reduce substantially the size of nuclear forces in all states that possess them. * Eliminating short-range nuclear weapons designed to be forward-deployed. * Initiating a bipartisan process with the Senate, including understandings to increase confidence and provide for periodic review, to achieve ratification of the Comprehensive Test Ban Treaty, taking advantage of recent technical advances, and working to secure ratification by other key states. * Providing the highest possible standards of security for all stocks of weapons, weapons-usable plutonium, and highly enriched uranium everywhere in the world. * Getting control of the uranium enrichment process, combined with the guarantee that uranium for nuclear power reactors could be obtained at a reasonable price, first from the Nuclear Suppliers Group and then from the International Atomic Energy Agency (IAEA) or other controlled international reserves. It will also be necessary to deal with proliferation issues presented by spent fuel from reactors producing electricity. * Halting the production of fissile material for weapons globally; phasing out the use of highly enriched uranium in civil commerce and removing weapons-usable uranium from research facilities around the world and rendering the materials safe. * Redoubling our efforts to resolve regional confrontations and conflicts that give rise to new nuclear powers.

Achieving the goal of a world free of nuclear weapons will also require effective measures to impede or counter any nuclear-related conduct that is potentially threatening to the security of any state or peoples.

Reassertion of the vision of a world free of nuclear weapons and practical measures toward achieving that goal would be, and would be perceived as, a bold initiative consistent with America's moral heritage. The effort could have a profoundly positive impact on the security of future generations. Without the bold vision, the actions will not be perceived as fair or urgent. Without the actions, the vision will not be perceived as realistic or possible.

We endorse setting the goal of a world free of nuclear weapons and working energetically on the actions required to achieve that goal, beginning with the measures outlined above.

Mr. Shultz, a distinguished fellow at the Hoover Institution at Stanford, was secretary of state from 1982 to 1989. Mr. Perry was secretary of defense from 1994 to 1997. Mr. Kissinger, chairman of Kissinger Associates, was secretary of state from 1973 to 1977. Mr. Nunn is former chairman of the Senate Armed Services Committee.

A conference organized by Mr. Shultz and Sidney D. Drell was held at Hoover to reconsider the vision that Reagan and Mr. Gorbachev brought to Reykjavik. In addition to Messrs. Shultz and Drell, the following participants also endorse the view in this statement: Martin Anderson, Steve Andreasen, Michael Armacost, William Crowe, James Goodby, Thomas Graham Jr., Thomas Henriksen, David Holloway, Max Kampelman, Jack Matlock, John McLaughlin, Don Oberdorfer, Rozanne Ridgway, Henry Rowen, Roald Sagdeev and Abraham Sofaer.

米紙核兵器関連記事一覧