アメリカのヒロシマ、ニコラス・D・クリストフ
An American Hiroshima


By NICHOLAS D. KRISTOF
Published: August 11,2004.New York Times

もし10キロトンの核兵器(ヒロシマを破壊したものより小型)が、タイムズ・スクエアで爆発すれば、火の玉は数千万華氏度に達するだろう。それは劇 場地区、マジソン・スクエア・ガーデン、エンパイア・ステート・ビル、グランド・セントラル駅およびカーネギー・ホール、私および私の建物などを蒸気させ るか、破壊するだろう。爆発は、国連を含むはるかに大きなエリアを部分的に破壊するだろう。平日なら、約500,000人が死ぬだろう。
こんなことが起こりえるだろうか?
不幸にして起こりえる。また、多くのエキスパートが、そのような攻撃がどこかであるにちがいないと信じている。アスペン戦略グループ、両政党の政策作成担 当者の集まりは、先週その年次会議で核の危険を取り上げた。そこでの結論は、核テロリズムの危険は一般に考えられているよりはるかに大きく、また、米国政 府はその危険性を減らす有効な対策をほとんど行っていない、というものであった。
恐ろしい書物「核テロリズム」の著者、ハーバード大学教授グレアム・アリソンが前述の被害予想を示したのだが、彼はそれを根拠なしに考えたのではないと警 告する。CIAのコードネーム「ドラゴンファイア」という情報源が、アルカイダが10キロトンの核兵器を入手しニューヨークへこっそり持ち込んだ、と伝え ていることを、2001年10月11日、9/11のちょうど1か月後に、補佐官がブッシュ大統領に報告した、とアリソンは書いている。
C.I.A.はその報告書の信憑性を認めた。核兵器は、おそらくロシアから盗み出されたとみられた。たしかにロシアは多数の10キロトン核兵器を持ってい る。ロシアは核兵器材料の一部を失ったことが知られていた。また、アルカイダは核兵器を入手する断固たる決意を示していた。また、C.I.A.は、アルカ イダによる「アメリカのヒロシマ」という片言を盗聴していた。
ブッシュ大統領は、核のエキスパートを核兵器探索のためにニューヨークに派遣し、ワシントンで核兵器が爆発した場合でも、政府の連続性を保証するために、 ディック・チェイニーおよび他の職員に、首都を離脱させた。しかし、パニックを回避するために、ホワイトハウスはこのことをニューヨークの誰にも、ル ディー・ジュリアーニ市長にさえも、伝えなかった。
ドラゴンファイアの情報は誤報であった。しかし、確認されていない同様の報告は多数あり、アルカイダが旧ソ連からの核兵器を入手したという情報は、情報機 関に規則的に届いた。われわれはやっかいな事態にあることが分かった。アルカイダは、引退したスーダンの閣僚から、ウラニウム(南アフリカ起源と見られ る)、150万ドル相当の購入のための交渉をした。アルカイダの使節は、核兵器級の核分裂物質を入手するべく中央アジアを繰り返し訪れた。またオサマ・ビ ン・ラディンの最高補佐官、アイマン・アル・ザワリは、「われわれは、、モスクワ、タシュケントおよび他の中央アジアの各国に人を送り交渉し、(核)兵器 を購入した」とうそぶいた。
アリソン教授は、抜本的な核不拡散手続きをとらなければ、次の10年に核テロ攻撃が世界のどこかで起きる見込みとして51対49の賭けを提案した。私は彼 の賭けを受けることにした。2014年8月までに核攻撃がない場合、彼は私に5.10ドルを払い、攻撃がある場合、私は彼に4.90ドルを払うことにな る。私は核テロの脅威は彼が予想するほど大きくはないと思うので、核テロのないほうに賭けた。もし、私が乱暴に予測するなら、10年間で核テロがおきる危 険は20パーセントぐらいだろう。いずれにせよ、賭けに負ければ、私は恐らく蒸発し、金はあまり必要でなくなるだろう。
不幸にして、多くの賢人たちは、私が賭けに負けると考える。ウィリアム・ペリー元国防長官は、核テロがこの十年間内におきる危険性があると言う。すなわち 次の6年間である。「われわれは先例がない大災害の方へ突き進んでいる」とペリー氏は警告する。「これは予防可能なのだ。しかし、われわれは、予防可能な 手段をとろうとしない。」
それこそ私がやりきれないと感じていることだ。つまり、政治的なプロセスの完全な失敗である。ブッシュ政権は、9/11の後に、軍事攻撃に戦闘的に反応し た。2003年11月、ブッシュ氏は次のような観測を述べた。「この時代の最大の脅威は、独裁者および彼ら支援するテロリストの手にある、核、および生 物、化学兵器である。」 しかし、イラクのように大量破壊兵器の脅威のなかでももっとも些細なものに取り組むことに突き進み、その一方、中心的な脅威であ る核拡散を無視している。その結果、現在、核爆発がアメリカの都市を壊滅させる危険性は、冷戦中よりも大きくなったということである。そしてその危険性は 日に日に増大している。
私の次のコラムでは、「アメリカのヒロシマ」の危険性をどのどうすれば減らせるか説明することにする。


核の影、ニコラス・D・クリストフ

The Nuclear Shadow
By NICHOLAS D. KRISTOF

Published: August 14, 2004 New York Times

多くの核専門家が10年以内に起きるだろうと信じているような、テロリストによる10キロトン核兵器攻撃が、もし、ニューヨーク証券取引所、ワシントン議 事堂、タイムズ・スクエアで起きたら、その後で設置される9・11調査委員会は、何故そんなことを許してしまったのかと、激しく非難するであろう。
先のコラムで書いたように、多くのエキスパートの共通認識としては(公平ののために言えば、全員ではないが)核テロが次の10年間に起きる確率は半々以上 である。その攻撃で50万人が殺される。
それなのに、米国の政治家たちはこの脅威を前にして手も足も出させないでいる。
「ブッシュ政権もケリー陣営も国家安全保障の最優先手段は、テロリストから大量破壊兵器を取り上げることだ」と強弁していることに、戦略および国際関係研 究センターのミッチェル・フラーノイは注目している。「過去数年間になされるべきだったことと、現実になされたことを比べてみれば、そのギャップの大きさ に気づくはずだ。」と彼は言う。
では、われわれは何をなすべきか?第一に、世界中のウラニウムとプルトニウムの安全確保が最優先である。これはロシアの600トンの核分裂物質の安全確保 を目指した米・露共同プログラムの背景をなす考えである。12年経って、135トンが包括的に安全処理された。340トンは手付かずである。
ヌン・ルガー計画 (Nunn-Lugar program)は、核分裂物質を安全確保する計画で、われわれ自身が大切にすべき手段で、インディアナ州選出上院議員リチャード・ルガーが主導した超党 派的な最善の方式である。ところが、ブッシュ大統領は、驚くべきことに、さまざまな機会にその予算の削減を提案した。彼は、この安全保障策に嫌気がさして いるようなのだ。多分、この計画には爆破がないからであろう。
カーネギー財団のジョーゼフ・チリチオーネは、核テロ対抗策は、3の要素からなると言う。1つは核拡散防止のペンタゴン方式で、イラク戦争およびミサイル 防衛システムがそれである。この要素では、ほとんどイラクだけで、年間1080億ドルかかっている。年間約370億ドルかかる国土安全保障計画もある。最 後に、ヌン・ルガー計画のような、本当の核拡散防止である。これは、年間20億ドルでなんとかやっていける。
私たちが採用すべき別のステップは、率直に言って今や遅すぎるもしれないが、他の国々が核クラブに参入するのを防止することだ。北朝鮮、イランおよび(恐 らく多少程度は低いが)ブラジルが、核プログラムを進める決意をしたようだ。
デニス・ロス(元中東和平交渉担当)は、イランが核兵器を開発すれば神経過敏のサウジアラビアが追随しようとし、その後、アラブ世界のリーダーとしての自 負があるエジプトが続く、と考えている。同様に、北朝鮮の懸念は既に1つのドミノを倒し始めた。日本は核保有能力確保に向かっている。
イランおよび北朝鮮(これは難敵だが)を阻止するのには、彼らの通商利益と引き換えに核志向をあきらめさせる基本合意を作るのが一番である。ブッシュ氏の 最近の政策(まず脅す)は気持ちはいいが、何の成果もない。
クリントン大統領の北朝鮮へのアプローチは大成功ではなかったが、少なくとも、彼が監視している間は北朝鮮の核兵器は増えなかった。過去2年間では、核弾 頭は2個から8個に増えた。
3番目の方策は、米国への核兵器の侵入を防ぐことだ。ブッシュ氏は、彼の核拡散防止手段を主導して、その点では上々のスタートをきった。
上院議員チャールズ・シュマーが推奨する有効な補強手段とは、強力な新しい放射線検知器を開発し、米国に陸揚げするコンテナーを吊り上げるクレーンに設置 することである。議会はその検知器の開発を始める費用3500万ドルを承認したが、政府はほとんどあるいは全く予算執行していない。
最後に、ブッシュ氏は、核兵器の国際的破廉恥性(opprobrium)に焦点をあて、核兵器に関する道義的責任を明確に示す必要がある。不幸にもブッ シュ氏は、新世代の核バンカー・バスター爆弾を追求している。そのアプローチにより、核兵器製造は助長され、核兵器をステイタスシンボルとして追い求めさ せ、われわれは一層危うくなる。
かつて米国が脅威に直面した時期には、われわれは、自分自身を守るためにただならぬ措置を講じた。もしブッシュ氏がイラクに執心するほどの熱心さで核拡散 に注目してくれれば、われわれの安全はいくらか長くもつだろう。
今のところ、われわれは暗やみの中で口笛で吹いているだけだ。

読者の反響
The Nuclear Threat (2 Letters)
To the Editor:
Re Nicholas D. Kristof's Aug. 11 and 14 columns about our misallocation of resources to deal with the nuclear threat on American soil:

I'm reminded of comments by Condoleezza Rice, the national security adviser, to the 9/11 commission. She said sometimes it takes a "catastrophic event" to galvanize people to change our ways to combat a threat.

Would Americans accept our much more intrusive security checks if the Sept. 11 attacks had not demonstrated their necessity?

Politicians who seek re-election do not want to alienate voters. So as voters, we should demand that candidates pledge that they will insist that government policy and expenditures reflect the dangers of nuclear proliferation. If we don't, we'll end up with yet another committee report about the failure of imagination in our policy makers.

Brian J. Tuohey
Holliston, Mass., Aug. 14, 2004

To the Editor:

Nicholas D. Kristof focuses on the urgent threat of nuclear terrorism, but his proposals are aimed only at denying weapons and delivery to would-be attackers.

Prevention is an exercise in probabilities. It is bound to fail eventually. An alternative is deterrence, which seeks to undermine the motivation of the terrorists and their supporters.

Deterrence is the only nuclear defense strategy with a successful track record, and it deserves a close look before concluding that it cannot apply to terrorism.

What if an American president announced that the strategic doctrine of the United States in response to a terrorist nuclear attack would be retaliatory attacks on selected population centers of all the countries of origin of the terrorists, as well as any countries that were determined to have abetted the attack in any way?

Stanley Letovsky
Milton, Mass., Aug. 14, 2004

米紙核兵器関連記事一覧