パウエル国務長官の側近だった人物がブッシュ政権の政策は「一味徒党の陰謀」で進められていると語る
(Former Powell Aide Says Bush Policy Is Run by 'Cabal')

By BRIAN KNOWLTON
Published: October 21, 2005 ニューヨーク・タイムズ

ワシントン、10月20日 - コリン・パウエル国務長官の主任補佐官だった人物が、彼が勤務した政権を痛烈に非難した。外交政策は「チェイニー・ラムズフェルドの徒党」によって専断され、ブッシュ大統領は米国の将来を、少なからず危機に曝した、と彼は述べた。

このコメントは水曜日にローレンス・ウィルカーソン氏の講演でとびだした。ウィルカーソン氏は、2001年から2005年当初まで、国務省でパウエル氏の側近として勤務した人物である。ワシントンの独立系公共政策研究機関の新アメリカ財団での講演で、ブッシュ政権内では、秘密主義、傲慢、および内部の反目が極めて重篤な症状を呈し、政策を歪曲し、危機への対処能力を低下させていると、ウィルカーソン氏は示唆した。

「カトリーナ、リタのような国内の危機の場合と同じように、一般に、イラク、北朝鮮、イランでも災難を自ら招いたと言うべきだろう。長期的にみれば、その種のことで何一つ順調ではなかったと思い返さざるをえない」

ウィルカーソン氏は、政権の機能不全が極めて重篤だとして、次のように語った。

「何か本当に深刻な事態、たとえば米国の主要都市で核兵器が爆発するなどのような、あるいは世界的な伝染病の蔓延などの事態が起きれば、まさに深刻で、この政権の無能さのために、米国民は、独立宣言の時代にまで引き戻される憂き目をみることになるだろう」

退役陸軍大佐で、元海兵隊軍事大学のディレクターだったウィルカーソン氏は、政権内または政権周囲で過ごした年月には、国家安全保障機構が様々に歪められるのを見たと語る。 しかし、彼が第一次ブッシュ政権で見たものは、かつて見聞したこともない「とほうもない脱線、歪曲、動揺」だったという。

「私が目にしたものといえば、危機的事態の対処における合衆国副大統領リチャード・チェイニーと、国防長官ドナルド・ラムズフェルドの徒党陰謀であった」

この元補佐官はブッシュ氏を次のよう評した。「国際関係には波長が合わないようであり、深入りしすぎなようにしている。父大統領をこよなく尊敬し、これまでに現れた最も素晴らしい大統領と呼んだ」

ウィルカーソン氏は、長い間パウエル氏の親しい友人であると考えられていたが、時には、イラクの非通常兵器問題のような場合、関係が見かけ上緊迫することもあった。彼の最近の公開批判にパウエル氏は賛成しなかったと、この元大佐は言明した。

米紙核兵器関連記事一覧