私がアフリカで見なかったもの
ジョセフ・C・ウィルソン4世 ニューヨーク・タイムズ 2003年7月6日

What I Didn't Find in Africa By JOSEPH C. WILSON 4th

July 6, 2003 NewYork Times

ブッシュ政権はイラク侵攻を正当化するために、サダム・フセインについての情報を操作したのだろうか?

戦争にいたる数ヶ月間を政権とかかわった経験に基づき、私は、イラクの核兵器プログラムに関する情報の一部がイラクの脅威を誇張するために捻じ曲げ られ た、と結論せざるを得ない。

1976年から1998年まで23年間、私は外交官であり、また大使を務めた。1990年に、私は代理大使として、サダム・フセインに面会した最後 の米国 外交官であった。(さらに私は、彼をクウェートから追い出す急先鋒だった。) その後、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領の大使として、アフリカのガボン に赴任し、クリントン大統領のもとではサントメ・プリンシペ大使になった。私は国家安全保障委員会の対アフリカ政策に直接関与した。

イラクの非通常兵器プログラムにアフリカが関与しているという疑惑についての情報を検証するのに、微力ながら役に立ちたいと思ったのは、アフリカで の私の経験があったからである。ニジェールを訪問した匿名外交使節のニュースがあったが、それは実は私だった。

2002年2月に、私はCIA職員から、チェイニー副大統領のオフィスが、ある特別な報告書について質問してきたと、教えられた。私はその報告書を 読んだことはなかったが、ニジェールがイラクにウラニウム鉱石を軽く処理したイエロー・ケーキを売却するという1990年代の終わりごろの合意文書に言及 していると、知らされた。CIAは、私がニジェールに出かけて、その話を調べてくれないかと依頼してきた。副大統領のオフィスへの回答を用意するためで あった。

国務省の対アフリカ政策局に相談して(バブロ・オウエンス・カークパトリック米国ニジェール大使を通じて)から、私はニジェール行きを承諾した。こ の ミッションは公表されなかったが、けっして秘密ではなかった。CIAが費用を支払ったが(私自身の給料は無料奉仕だった)、私は出会った人々に米国政府の ために働いていることを一切隠さなかった。

2002年2月、私はニジェールの首都ニアメに到着した。1970年代に外交官としてその地で勤務したことがあり、90年代の終わりに、国家安全保 障会議職員として訪問したことがあった。街は覚えていたとおりだった。季節風が砂とほこりを空中に舞い上げていた。そのかすみを通して、ニジェール河にか かる ジョン・F・ケネディ橋をラクダが通り、その先に夕日が沈むのが見えた。砂を防ぐのに誰もがスカーフで顔を覆っていて、目だけしか見えなかった。

翌朝、米国大使館でカークパトリック大使に面会した。十分理解できる理由により、大使館員はニジェールのウラニウム取引には目を光らせていた。だか ら、 大使がすでに、イラクへのウラニウム売却のうわさについて知っており、その申し立てが真実かどうか確かめており、その報告がワシントンに届いているはずだ と聞かされても、さほど驚かなかった。それでも、大使の赴任以前に、取引があったかもしれないので、ニジェール政府関係者と面会し、私の滞在を有効に使う ことに、大使と私は意見が一致した。

その後8日間、私は何十人という人々と甘いミント茶を飲みながら面談した。彼らは、当事の政府職員、過去に政府職員だった人々、政府のウラニウム行 政関係者などであった。そのような取引が存在したことがあるという話は、きわめて疑わしいと結論するのに、そう長い時間を要しなかった。

鉱山管理組合の機構があるので、ニジェールがイラクにウラニウムを売却するのは、きわめて困難である。ニジェールのウラニウム産業として、ソメアと コミナクの二つの鉱山が、フランス、スペイン、日本、ドイツ、およびニジェールの資本によって運営されている。もしニジェール政府が鉱山からウラニウムを 移動させたいと望めば、IAEAにより厳重に監視されている組合に通知せねばなない。二つの鉱山は準政府機関により厳格に規制されているので、ウラニウム の売却は鉱山相、首相、おそらく大統領の承認を必要とする。端的に言って、疑われたような取引は、この小さな産業にとって危険が大きすぎる。(現実の当該 文書を私は見たことがない。しかし、報道によると、サインにひどい誤りがあるという。たとえば、すでに政府関係者でない人物や、偽造と思われるサインがあ るという。その結果、ニジェールは公式に疑惑を否定したという事実がある。)

ニジェールを去る前に、私は大使に私の調査結果を報告した。彼女も同意見であった。私の意見は大使館職員の結論と同一であった。3月の初め、ワシン トンにもどり、すぐさま詳細をCIAに報告した。その後、私の結論は国務省の対アフリカ政策局とも一致した。私の報告には一切の秘密事項も特別重大な事項 もないし、また私のニジェール訪問は全く秘密でない。

私は書面になった報告を作らなかったが、米国政府の公文書として少なくとも4つの文書があり、私のミッションについて確認できるはずである。その文 書には、ニアメで行った私の大使に対する説明に関する大使の報告書、それとは別の大使館員による報告書、私のニジェール訪問の概略を記述したCIAの報告 書、 そして、CIAからの副大統領への特別回答書である。(これは口頭で伝えられたかもしれない。)私はこれらの文書を見ていないが、政府に長年勤務した者と して、これらが標準の手続きであることを知っている。

ニジェール問題は片付き、私は本来の生活に戻れると考えた。(私はイラク論争に参加しており、侵攻作戦より武力の脅威を背景にした厳格な封じ込めが 望まし いと主張していた。) しかし、2002年9月、ニジェールが再浮上した。英国政府が、「白書」を公表し、サダム・フセインとその非通常兵器が緊急な脅威 だと、主張した。その証拠として、アフリカの国からのウラニウム購入についてのイラクの企図を記載した。

その後、一月になって、ブッシュ大統領が、英国の関係文書を引き合いにして、イラクがアフリカからのウラニウムを購入しようと努力していると、非難 をくりかえした。

翌朝、私は国務省の友人に、私のニジェール訪問のことをあらためて伝え、もし大統領がニジェールのことを指しているのなら、大統領の結論は、私が判 断した事実にそぐわないものだと、説明した。その友人は、大統領は多分ニジェール以外のウラニウム生産国家、ガボン、南アフリカ、ナミビアのことを言って いるのだろう、と答えた。私はその説明を認めた。このブッシュ大統領の声明の1ヶ月前、12月に、国務省がニジェールについての事実記載文書を発表してい たことを、私はその時知らなかった。

私の行なった調査活動の真実は次のとおりである。副大統領が深刻な質問をぶつけてきた。それに対する回答を作るための援助を、私は要請された。私は 援助した。そ して、私の用意した回答が政府内のしかるべき高官たちに配布されたことについて、私には確信がある。

現在の疑問は、私の回答が政府指導者にいかに利用されたか?あるいは、何故利用されなかったか?ということである。私の報告が不正確だと判断された のなら、私は了解する(何故なのか、ぜひ知りたいけれども)。しかし、もしイラクについての先入観に合致しないからといって、無視されたのであれば、詐術 によって戦争に引き込んだという、法的な告発が可能となる。(チェイニー氏が3月のミート・ザ・プレス番組に出演し、サダム・フセインが2度までも、核兵 器を作ろうとした、と語ったのを思い出す必要がある。) 少なくとも、大統領権限による軍事力行使を承認した議会は、イラクに関する大統領の主張に裏づけ があったのか、調査すべきである。

戦争前には、私は、サダム・フセインの手にある大量破壊兵器を武装解除するためには、強力で永続的な国際的対応が要求されると信じていた。イラクは 化学兵器を所有し、使用したことがあった。また、現実に生物兵器計画があったし、核兵器開発計画を持っていた可能性もたしかにあった。それらはすべて、国 連決議違反である。1991年の湾岸戦争にいたるまでの時期にフセイン氏と面談し、その暴漢ぶりを知っていた私は、当時、彼の危険性を知りすぎていた唯一 の男であった。

しかし、現在の政府がわれわれに説明した危険性は、私が当時指摘したものと同質だといえるだろうか?われわれは知らねばならない。米国の外交政策 は、情報の清浄さに頼るほかはない。この理由により、イラク戦争を正当化するために情報を恣意的に利用したかどうかを問題にするのは、見当違いでないばか りか、 ブッシュ氏があてこするような”改革主義的論理”でもない。戦争は民主主義にとって、国家の安全に重大な脅威がある時に採用される最後の手段である。イラ クにおいてすでに200名を越す兵士の命が失われた。正しい理由で彼らが犠牲になったのか検証する義務がわれわれに課せられている。

米紙核兵器関連記事一覧