北朝鮮核のゴール:錯綜するシグナル(North Korea Nuclear Goals: Case of Mixed Signals)

By DOUGLAS JEHL and DAVID E. SANGER
Published: July 25, 2005,NewYork Times

この論評は、ウィリアム・J・ブロード、ダグラス・ジェール、デイビッド・E・サンガーおよびトーム・シャンカーが取材し、ジェールとサンガーが執筆した。(This article was reported by William J. Broad, Douglas Jehl, David E. Sanger and Thom Shanker, and written by Mr. Jehl and Mr. Sanger.)

ワシントン、7月24日− 今年の初めに、アメリカのスパイ衛星は、北朝鮮の山岳地帯で高度に秘匿された軍事施設で疑わしいトンネル掘削を示す鋭い信号をキャッチした。政府機関の何人かのトップ核アナリストは、北朝鮮が最初の核兵器実験を実行するという脅しの準備のサインで、警告だと受けとめた。ワシントンの何人かの職員の間では、北朝鮮がすでに地下核実験の準備として、高官が地下震動を視察する観覧席を作ったというまことしやかな話さえ流れた。

核実験が切迫しているという見通しから、ブッシュ政権はアジアの同盟国および中国に対する報告で、北朝鮮の脅威が急速に成長しているとして、核軍縮を目的とした6か国協議に北朝鮮を復帰させる圧力を強めることが決定的に必要性だと強調した。数週間の外交的なやりとりの後に、北朝鮮は協議再開に合意し、今週火曜日に始まることになった。

しかし、北朝鮮の活動を緊迫したものと見なす視点の背後には、もっと複雑で、そして場合によっては矛盾した構図がある。それは、イラク侵略前に情報の採用に関して連邦機関と政策決定者との間で起きた分裂と同じ様相を呈している。

ワシントンがその同盟国に警告を発していたのとほぼ同時に、4月26日の非公開のブリーフィングで、CIAは議会に対し、北朝鮮が核実験を直ぐには実施する見通しはないと伝えた。さらに、この春の北朝鮮の核実験の可能性は比較的低いとホワイトハウスが見なしたと、政府職員たちは言う。さらに、ニューヨークタイムズの第一面と、その後、他のいくつかの報道機関で重大事件として報道された北朝鮮の核実験視察席に関する何人かのアナリストおよび政府官僚による断定は、不確実または不完全なデータを誤って解釈した誤解に基づいたもので、政府外に流出させるべきでなかったと、何人かの政府職員は言う。

山岳地キルジュ地域の活動が本物か、または世界を偽る試みかどうか、北朝鮮の核実験の真実の意図は決してない知られることはないだろう。しかし、アメリカ情報当局および外国政府の職員とのインタビューに基づいて調査し直すと、今春、議会と政府でさまざまに異なる判断がなされたことが判り、北朝鮮核兵器問題を判断する過程がいかに政治に左右され、また情報の不正確さが露呈しているかを示す。問題が機密扱いの情報で、政治に敏感な対象だったので、ほとんどの職員およびアナリストが匿名を条件で取材に応じた。

北朝鮮情報収集の限界は特に最近になって厳しく、国務省の前高官の一人は、それをブラックホールのなかでも最強ものだと表現した。いたとしても西側の北朝鮮に対するスパイはごくわずかで、また、北朝鮮は詐術戦略の巧みな使い手である。判断を2分させたほとんどの情報は衛星によって得られたもので、矛盾した解釈を導きやすく、また、宣伝に利用されやすかった。

核実験に対する恐怖

北朝鮮が核実験をするかどうかは重大問題である。多くの核専門家および政府官僚は、アジアで核開発競争が触発されることを恐れている。

6か国協議の再開を模索している時に、ブッシュ政権によって北朝鮮核実験についてより緊迫した見解が流されるのに対応して、穏健なバージョンの別の見解がC.I.A.によって強調された。C.I.A.はまさにイラクの非通常兵器の過大評価をしたとする批判を乗り越えるべく懸命に努力をしている最中なのである。政府は、9/11およびイラク戦争に懲りて、肥大化した情報機関のオーバーホールにのりだしたが、北朝鮮核実験のエピソードによって、最も重大な脅威でさえ、それを判定する連携不足が依然として続いていることが露呈した。

議会に対するC.I.A.の説明は、情報当局全体の見解として明快に述べられたが、参加者によれば、エネルギー省とペンタゴンの核情報アナリストの緊迫した見解を反映してはいなかった。また、同盟国には、実験はなさそうだという情報当局バージョンの見解は伝えられなかった。

エネルギー省の何人かの核兵器エキスパートと同様に、ホワイトハウスおよびペンタゴンは、疑惑実験場でのトンネル掘削および他の活動は前例のないレベルだと述べた。しかし、C.I.A.と国務省は、活動は活発だが、前年の活動周期のパターンの範囲内と判断したと言明した。また、C.I.A.は、政治的要因に言及して、北朝鮮のそのようなステップは中国を怒らせ、北朝鮮と西側との対立を拡大するから、核実験は切迫していないと確信すると述べた。

何人かの議会および情報当局者は、特に視察席に関する未確認情報に関する今回の北朝鮮核実験判断とイラク戦争前の兵器情報およびアルカイダ関連情報との間の共通性を見出す。

視察席に関する情報は同盟国への正式の状況報告に含まれていなかったが、非公式に伝達された、と政府職員が証言した。それはトンネル掘削活動の増加よりはるかに重要性の低い危険信号と考えられたが、ある政府官僚は、「何を意味するかわかりやすかったはず」と言った。

視察席という判断は5月6日にタイムズで報道された後、ペンタゴンの職員が、韓国で最も著名な新聞を含め、いくつかの外国の新聞に繰り返し伝達した。しかし、この判断は4月の上院情報委員会のC.I.A.の公式の非公開ブリーフィングでは全く言及されなかった。カンザス州選出上院議員のパット・ロバーツ上院委員会議長によれば、委員会は視察席があるという判断について研究し、「それは存在しない」という結論に達した。

結局、北朝鮮の活動に関する判断は、北朝鮮が何をやっているかに関するアナリストの専門知識および政策決定者の推定の両方によって出来上がったようだと、この経過に携わった政府職員たちは述べた。

中央情報局で北朝鮮を研究して20年以上を過ごし、CIAのアジア作戦管理部長を2月に辞任したアーサー・ブラウンは、判断が分かれたことは驚くにあたらない、と言い、次のように語った。「情報関係の世界では、至る所で人々は防衛的であり、彼らは非常に慎重なのだ」

核兵器備蓄計画

北朝鮮の核兵器保有の夢想は、朝鮮戦争直後の年まで半世紀さかのぼる。最近機密扱いが解かれた文書によれば、北朝鮮の創始者キム・イルソンは、冷戦期に、同盟国、最初はロシア次に中国に核技術を要求したとされる。1990年代の初めまでに、キム氏は、1個あるいは2個の原子兵器を製造するゴールを達成したように見える。しかし、北朝鮮の経過を追跡したアメリカの情報職員にとっては、そのような判断ば、「一部は情報に、一部は理論に、一部は経験に基づいた推測によるもの」と、ある政府前高官は言う。

往々にして、アメリカの情報機関は北朝鮮の巧妙な詐術の餌食になった。1998年には、陸軍情報部機関が原子炉であると信じた巨大な地下サイトへのアクセスをクリントン政権が北朝鮮に求めた。北朝鮮は、援助と引き換えに不承不承同意した。しかし、アメリカ人の率いる査察チームが到着すると、その洞穴状のサイトは空で、原子炉には向かないように作られていると分かった。

ブッシュ大統領が就任すると、キム・ジョンイルが指導する北朝鮮を「悪の枢軸」の一員と呼び、情報当局に北朝鮮の危険性を分析する努力をするよう命じた。ある情報当局高官によれば、2002年だけで、全ての情報機関の総合的判断を反映している機密文書、国家情報評価をその情報機関は三つ提出した。とりわけ、北朝鮮が使用済み核燃料から核爆弾を生産する能力の分析に取り組んだ。

昨年新しい懸念が生じた。北朝鮮は、核兵器力量疑惑に決着をつけることになる核実験を準備している兆候が強まった。

北朝鮮の半ダースの疑わしいサイトをモニターしているアメリカの衛星が、キルジュ地域の荒涼たる後背地の活動が活発になり、高山の側面にトンネルの丸い入り口が開けられたことに注目した。

それは謎の多いトンネルの1つであった。現在は国際的コンサルティング会社、コントロール・リスク・グループの幹部であるブラウン氏は、「彼らはモグラ族だ」と言う。「地面には何百、何千もの穴があり、中に何があるかわからない」あるものは鉱山だとアメリカの政府関係は言う。他のものは、軍用機あるいは核開発計画の建屋を攻撃から守るためかもしれない、と政府職員たちは言う。

昨年、証拠の解釈に関し政府内に不一致が発生したとき、エネルギー省の管理下にある政府の三核兵器研究所の所長が、極秘調査のために召集さた。これはこの調査に詳しい政府職員の証言である。

警鐘を鳴らす

現役および以前の情報職員および外交官によれば、エネルギー省のアナリストはトンネル掘削を核実験の前兆の可能性があると見たが、ブッシュ政権は初めはほとんど何も言わなかった。恐らくイラクで手一杯だったからである。最終的には、大統領と補佐官たちは、潜在的に世界的に政治的な波紋が広がると考え、警鐘を鳴らすことに決めた、と政府職員が述べた。さらに、彼らは国内政治目的も考慮した。

昨年の10月、大統領選挙前に核実験をされるのを懸念して、ホワイトハウスは、タイムズに調査活動を知らせ、北朝鮮が核爆発の準備をしているのか単に虚勢をはっているのかは不確かだったことを認めた。今年の1月には、より活発な活動が観測され、これがホワイトハウスに同様の懸念を生んだ。しかし、政府高官によれば、その懸念を公表しなかった。

春になって、キルジュのより激しい活動があり、最近の調査分析を始めることになった。

これらの懸念が生じる度に、情報機関は不一致を露呈した。それは、過去の誤りについて等しく厳しいが、反対の教訓を引きづっていることを反映していた。イラク戦争の後、議会および大統領府の調査委員たちは、情報を誇張する危険に対して警告した。しかし、その一方で、等しく厳しい教訓として、アメリカの情報当局は1998年のインド核実験準備を見逃す失敗を犯した、とある政府職員は指摘する。

「情報機関の社会では、ごく最近のカタストローフの眼鏡で現在の事態を評価するのだ」と、ある情報機関職員は述べた。

1998年のインド核実験の証拠を見逃した国防省情報機関およびエネルギー省は真っ先に北朝鮮に関する警告をした。これらの機関のアナリストは、北朝鮮核の供給者であるパキスタンと中国の核実験の時と比べて、衛星画像を大げさに見る傾向がある。

C.I.A.ははるかに用心深かった。それらの証拠は、「否認および騙し」作戦、非核の爆発試験、あるいは単に初期段階の核プロジェクトに由来するのかもしれないと言う。国務省の情報部は特に核実験の政治的意味に注目するが、やはり C.I.A. と同じように、核実験準備という判定には疑いを表明した。

何人かの科学者にとっては、北朝鮮の分析は科学というよりむしろ芸術の類だという。核実験についてのエキスパートである一人の政府関係者は、キルジュの情報は、まさに北朝鮮が核実験最終段階にあるように見えると言う。爆発を閉じ込めるために材料をトンネルに埋め戻しているように見えるからである。しかし、すべてを考慮して、彼はそれを策略と判断した。「彼らが行ったことの主要な目標は、予測しえる反応を引き出すことであった」と彼は言った。「それは小さな投資だ。ありもしない何かの全ての兆候をわれわれに見せつけた」

情報の評価判定

ホワイトハウスとC.I.A.では、この春、最新の衛星像を評価判定するために何回も会議が行なわれた。政府内部外部の北朝鮮のエキスパートたちは、北朝鮮側の粗暴な挑発の文脈のなかで、核実験準備のように見える事態が生じたことを特に懸念すると、言った。

2月10日には、北朝鮮は公式に核兵器保有国を宣言した。6か国の軍縮協議を、アメリカとの間の相互兵器削減交渉にすることを要求した。それは、ワシントンがかつてソ連との間で同意した交渉と同じである。4月には、主要な原子炉を閉鎖した。それによってより多くの核爆弾のための核燃料を回収するという脅しを強めた。

それでも、政府の内部では、核実験の可能性を否定する共通認識が出来上がったように見えた。会議の内容を知っている政府高官によれば、C.I.A.の説明担当者は、トンネル掘削は核実験の可能性と「対応する」と、4月26日に、上院情報委員会に伝えた。しかし、核爆発を行なうことは差し迫ってはありそうではないと言明した。視察席の言及もなかった。

ロバート議員は、説明の内容への言及を避けたが、分析官が北朝鮮の核実験が切迫していると特に警告しなかった、と語った。

C.I.A. の伝統的な見解は、北朝鮮は西側への挑発を強め核実験はその最終局面である、という。「一度それを実行してしまえば、何も残らなくなる」と、政府職員は述べた。

上院委員会へのC.I.A.の説明は、差し迫った脅威に関する警告を出すことに責任を負う国家情報職員により監督されていた。それは、この高官が幅広い情報機関に認可を与えることを示している。

それにもかかわらず、情報機関のコミュニティー内に反対意見があるとの言及はなかった。特にエネルギー省と国防情報局からの反対意見は示されなかった。それらの異論は、イラク侵略後に明るみに出たイラクの兵器についての猛烈な舞台裏の論争の名残のように見える。

北朝鮮の活動の評価判断に関与した一人の高官は次のように回想した。「様々な意見の陣営とグループがあった。しかし、情報機関として総合された確定した見解があったことはないと思う」数人の情報当局者によれば、そのような統一見解は、国家情報評価を作成する過程で通常は出来る。しかし今年は、北朝鮮については何もなされなかったのは明らかである。

ホワイトハウス高官は、自分自身で分析して、やはり慎重であった。政権の高官によれば、北朝鮮の核実験の切迫の程度は、低いかやや低いと結論を下したと言う。何故なら、それは北朝鮮への食料と燃料の唯一の重要な供給者である中国を怒らせるからである。

それでも、上院への状況報告が行われた頃、国家安全保障アドバイザーのスティーヴン・J・ハドレーを含む政権高官たちは、6カ国協議のアメリカの重大なパートナー国には通知しなければならないと判断した。しかし、同じ情報に基づいた説明がなされたが、異なる印象を与えた。

東京、ソウルおよび北京および何人かのワシントン駐在外国外交官は、アメリカ人職員が「より裸にした」バージョンと呼ぶ、衛星によって検知された活動に焦点を当てた内容を聞かされた。説明の内容は機密事項であった。しかし、これに関係した数カ国の職員によれば、北朝鮮の意図の政治的な分析はほとんど含まれておらず、タイミングの問題は不明だったという。彼らの印象は、したがって、北朝鮮が直ぐにも核実験を行ないそうだった。

直ちに核実験があるという印象は、あるアメリカ政府関係者が認めるように、正式の説明には含まれていない視察席の話がいたるところで出てきたことによって強まった。
視察席の話が何から始まったかは不明である。ある政府高官によれば、衛星画像が疑わしい核実験場の一部として最初に「誤って説明された」。その生の情報は正式な報告書には含まれていなかったので、情報受領者を確認する綿密なで多重な調査を受けていなかったようである。最初に、視察席に関する発言をし、まことしやかに記述した政府関係者は、5月後半にタイムズ誌が追加質問をした後で、発言を後退させ、証拠の追加調査によって、その構造物が視察席かどうか、核実験場に関連しているかどうかさえ、大いに疑わしくなったと言明した。

何人かの政府職員は、地下核実験視察席という見方をいち早く放棄した。しかし、別の政府職員たちは過去の情報活動の失敗があったので、視察席を見つけたがる素地を与えられていた:アメリカの政府関係者が1998年の北朝鮮のミサイル・テストの準備を発見しそこなった後で、彼らが見落した信号の一つは、実験前の週に構築された視察席だったことを後に知ったのだった。

情報機関に精通した職員によれば、キルジュ近辺に「V.I.P.用」の北朝鮮の基準では豪華なヘリコプター発着場および住宅を分析官が観測したとされたが、後に、それらは少なくとも一年以上経った古いものであることが判ったという。

同盟国による警告

同盟国に緊急の状況報告をし、それがアメリカとアジア各紙のヘッドラインになった後で、ソウル、東京および北京の高官が、北朝鮮に核実験をしないよう警告した。韓国の外務大臣は、もし北朝鮮が「そのような無謀な行為に踏み切るなら、さらに孤立を深めるだろう」と発言した。

5月15日に、ハドレー氏は、北朝鮮が核実験をすることに対し始めて公式に警告した。アメリカおよびいくつかの太平洋の諸国が制裁行動に踏み切ると言明した。彼はフォックスのニュース・サンデイで、「われわれは、北朝鮮が核実験の準備をしているかもしれないという証拠を見つけ、それについて同盟国と会談した」と語った。

情報機関を統合する国家情報局の新局長、ジョン・D・ネグロポンテ事務所の職員は、今回の北朝鮮のケースの詳細について議論することを拒絶した。しかし、国家情報会議は論争を奨励しており、北朝鮮のような重大な問題について情報機関相互に重要な見解の相違があることを突き止め、それを解決するためのシステムを作ったと言う。

これまでのところ、北朝鮮は核実験をしていない。北朝鮮に対する警告の後に、食料と電力の支援提示を含むさまざまな外交活動があり、長く頓挫していた6カ国協議に北朝鮮を復帰させる努力がなされた。しかし、協議が失敗する場合北朝鮮が核実験を行なったり行なうと脅すかもしれない、と多くのエキスパートは予言している。

キルジュの最近の衛星画像は、疑わしい活動が終息したことを示している。しかし、普通のアナリストは、それが何を意味するか確信がない。そのサイトは核計画と無関係なのかもしれない。また、ある情報高官は、爆弾がすでに埋設され核実験準備ができているか、あるいは、北朝鮮は彼らが望んだように、西側を刺激し外交アクションを起こさせる詐術を遂行したことを示すのかもしれない、と言う。

「彼らは集中的に観測されることを知っている。彼らが望んだようにことを成し遂げたのかもしれない」

米紙核兵器関連記事一覧