仮想核爆弾の方が実物よりましな時代(When a Virtual Bomb May Be Better Than the Real Thing)

デイビッド・サンガー
New York Times (Published: December 5, 2004)


一寸見には、北朝鮮とイランに、疑わしい核兵器プログラムを放棄させようとする最近の努力は、イラクの武器を探索した際のアメリカの大失敗を髣髴とさせる反応しかひきだしていない。情報機関のいい加減な報告書がある。ブッシュ政権は明らかな詭弁を弄している。パラノイドの独裁体制は、脅しと否定を繰り返し、あたかも何かを隠しているようなそぶりを示す。そして、結局凶器は見つからない。

 しかし、イラクの場合、アメリカの情報当局が劇的に失敗した最重要の問題とは、サダム・フセインが彼の生物、化学兵器製造計画、および核兵器計画を再構成し、緊急の軍事行動が正当化されるほどの脅威にいたるかどうか、であった。

 イランと北朝鮮に対しては、それが問題なのではない。そうではなく、肝心なのは、彼らが、うまいことシステムを取引手段とし、「仮想的爆弾(virtual bomb)」を製造する方策を考えているかどうか、である。


 今や、国家が、首都のメーデー行進で核兵器を見せびらかすご時世ではない。実際、そんなことをするのは、国家の利益に反するにちがいない。なされるべきことは、確実だと疑わせるような曖昧さを演出することである。つまり、ひょっとすると、圧力が非難になり、それが先制攻撃云々になり、2,3週間のうちに、くだんの国が作動と運搬が可能な核兵器を組み立てるのではないかと、世界中に思わせることである。遠心分離機部品と核爆弾のデザインが闇市場にでまわっており、技術的には核爆弾を製造するのは決して高価でなく、時間も要しない時代にあっては、世界を真剣にさせるのに、そう手間は要らない。

 国際原子力機関事務局長のモハメド・エルバラダイは先週のインタビューで次のように述べた。「私は、潜在的核兵器保有国と呼んだのです。それは、ノウハウを持っている多くの国々に当てはまるはまる呼び名です。唯一の決定的なキーは核分裂物質です。もし本当に賢ければ、核兵器を作る必要はありません。開発能力を確保すれば十分です。それが最高の抑止力です。」

 もちろん、核兵器は現物であれ、仮想であれ、抑止力を越えるものである。それは、ある地域全体の出来事を変える力を持っている。核の曖昧さは、決定的に戦略バランスを変更させられる。サダム・フセインは湾岸戦争以降、実際に、そのように振舞うチャンスを失した。アメリカと国連の職員は、サダムが核兵器で如何に前進していたかを発見して、ショックを受けたのだった。彼らはその能力を破壊し、イラクは二度と核兵器計画を再構築できなかった。

 北朝鮮とイランはこのレッスンを肝に銘じた、とアメリカの情報機関は信じている。元アメリカの情報当局幹部職員は、極秘調査に基づいていることを理由に匿名で、最近次のように強調した。「両政権とも、このことが最大の誤りだったと見ている。もしサダムが、核兵器を短期間に組み立てられると、信じさせることができたら、アメリカの大統領は侵略する危険をあえて犯さなかっただろうと、彼らは考えていた。」

 この分析では、フセイン氏の大きな間違いは、14年前、彼が核兵器を持つ寸前だと世界に思い込ませる前に、性急にクエート侵攻作戦行動を発動したことだった。その結果彼は、オーラを作り出す設備をすべて失った。つまり、ウラニウム濃縮用遠心分離機、 高性能爆弾実験場、弾頭運搬用中距離ミサイルなどである。フセイン氏が2002年と2003年にもう核兵器開発計画はないと主張し続けた時、ブッシュ氏および情報当局は、恐らくもう一度、サダムは騙すかもしれないない、秘密の計画が秘密の兵器に結実する前こそ、阻止するチャンスだ、と言い張ることができた。北朝鮮とイランは異なる戦略を追求している。彼らの能力を見せびらかしている。北朝鮮には、容易な条件がある。ほぼ2年前に査察官を放逐したが、その時、8,000本の燃焼済み核燃料棒を備蓄しており、これらは比較的容易に兵器用プルトニウムに変換できる。アメリカのエキスパートの小集団が今年の初めに北朝鮮に招待された時、北朝鮮側は、燃料棒を冷却プールから取り除かれたことを自慢げに示し、プルトニウムへの転換がほとんど完了していると言った。今のところ、それは恐らく本当だろうと誰もが考えている。

 彼らは核燃料棒で5,6発の兵器を作ったのか?それとも、いつでも核兵器製造に使える核分裂物質に変えたのか?「何の違いも無いではないか?」と、エルバラダイ氏は言う。

 イランの場合はやや微妙である。彼らは遠心分離機をさらけ出し、18年間も核計画の材料を隠したことを認めた。しかし、エルバラダイ氏は、彼らが核兵器に特定した計画を持っているという証拠は見ていないと言う。原子力利用のためにのみウラニウム濃縮をした。核拡散防止条約はそれを認めていると、イランは主張している。その挙句、彼らは、日本のような国々が同じようなことをしていると指摘する。先週、イランは、自国への投資と技術改善に役立つ可能性のある交渉の期間中、生産を一時中断することに合意した。しかし、技術を放棄するつもりでないことは明言している。

 核問題交渉のイランの側のトップ、ハッサン・ロウハニは次のように話した。「イスラム共和国は核燃料サイクルを放棄しておらず、これからも放棄することはなく、使用することになる。」 核計画を理由に制裁を考慮するよう国連安全保障理事会に要求するワシントンの攻勢を避けていることを指摘しながら、彼は付け加えた。「私たちは国際的な機関で、アメリカを孤立させることができることを証明しました。これは大勝利です。」

 しかし、イランが平和利用だというお題目を唱える一方で、国際原子力機関(IAEA)は、秘密の濃縮プログラムが併行して進行中だと疑われる軍用地へのアクセスを要求していた。もし軍用地の核物質の存在示す合理的な証拠がなければ、イランはそれらを容認する必要はない。これまでのところ、証拠は不十分である。

 この間、イラン人は、核弾頭を運べる新しいミサイルの開発努力を隠さない。もし、イランが目くらましゲームを続けられれば、つまり、「平和利用」核開発計画を、(北朝鮮が昨年やったように)核拡散防止条約脱退後2,3週間で、軍事利用に転換させられるとすれば、イラン人は、完全な仮想的核兵器を製造する手段を考えついたと言えるだろう。

米紙核兵器関連記事一覧