過去のテロと恐怖の未来(Terror in the Past And Future Tense)
ロバート・ライト
Published: April 26, 2005(ニューヨーク・タイムズ電子版)

チモシー・マクベイ(TIMOTHY McVEIGH)によるオクラホマシティの連邦政府機関ビルの爆破は、とてもそう古くは感じないが、1週間前に10周年を迎えた。しかし、何もなかったように過ぎた。実際に、役に立つようなことは、何もなかった。その週には、他の多くの報道が世間の話題になった。そのうちのいくつかは、ローマ法王の選出のように、理解できるものだったが、アメリカのアイドル、アンウオーの旅路の果てなどのような、それほどとは思えないものもあった。


連邦爆破事件への関心の欠如は、部分的には、爆破の6年後にあのマンハッタンで起こったことに起因するだろう。オサマ・ビン・ラディンの残虐行為は、ティモシー・マクベイの所業に比べて次元が違うほどすさまじいものであった。より大きな政治基盤を持ち、多くの殺人犯によって、より多くのアメリカ人を殺した。マクベイによる爆破はそれほど昔とは思えないが、まだ本当の恐怖を知る以前の、単純な時代の出来事のように見える。


しかし、マクベイ氏の記憶を薄れさせることそれ自身が危険なのである。厳格な教訓としてとらえれば、マクベイおよびビン・ラディン両氏は同じ脅威を体現している。彼らのイデオロギーは異なるが(私は、彼らがうまがあったとは思っていない)、彼らは、明日のテロリストを力づけるまさにその力によって威力を発揮した。それは、不運にも、ブッシュ政権が直面することをもっとも嫌う力である。また、この嫌悪をそれ以上ないほど鮮明に示したのは、先週、ティモシー・マクベイより多くの注目を集めた人々のうちの一人、ジョン・R・ボルトン、つまりブッシュ氏が国連大使に選んだ人物であった。


私が悲観的に指摘している力とはテクノロジーのことである。たしかに、それは9/11以来頻繁に論じられた。前向きなものさえあった。今や多くの人々は、大量破壊兵器の脅威がどれほどすさまじく増大しているかを知っている。例えば、バイオテクノロジーの進歩により、製薬会社や大学などで、多くの生物兵器の素材が多数の人々の手の届くところに存在する。さらにITの進歩によって、テロリスト集団が計画を練り上げ、それらを構築するのが、いかに容易になったか、何より、テロリストグループ自身が発生し成長することが助長されたかは、よく知られている。


しかし、もし、これらの傾向がどれほど強固なもので、どれほど普遍的にテロリストを助長しているかを、本当に認識しているなら、マクベイ氏のイメージを思い浮かべるのでなく、ビン・ラディン氏の後に続く姿を正確に想定すべきだろう。二人が不吉な調子で打ち鳴らした鐘の音は、1995年には150、2001年にはほぼ3,000という具合に増えるだろう。ティモシー・マクベイは、肥料素材の爆弾を作ったので、原始的に見えるかもしれない。しかし、彼は古典的言語感覚で原始的なだけである:彼は自然成長の初期過程を体現しているのだ。


1995年の春には、マイクロエレクトロニクスが、過激派グループを結集させ強固にするのを支援していた。彼らはマクベイのお気に入りの「Waco: The Big Lie」などのビデオテープを配布した:それは、アルカイダ募集ビデオと同じように、扇動的で不正であったが、オンラインで配布したのではなかった。マクベイ氏が使命を遂行した後、極右勢力は、彼らの信念を傷つける目的で、アメリカ政府が実行した犯行だと、信奉者に対し短波ラジオを通じて語った。


同様に、マクベイ氏の肥料爆弾は、9/11の後の炭疽病、あるいはアルカイダが持っているのではないかとわれわれが懸念する核材料と比較して、些細に見えるかもしれない。しかし、それら三つの基礎の起源をたどると、それらの血筋が見えてくる:殺傷力の構築における創意の成長;産業化され相互連結した世界における素材調達の拡大;そして、殺傷力使用に必要とされる知識へのアクセスはITによって増強する。


もちろん、オサマ世代の技術は、マクベイ時代に比べて大きな脅威を作り出す。それがポイントである。短波ラジオおよびビデオテープを郵送するのと今日のインターネットとの違いが、明日には、今日のインターネットと明日の技術の違いになって現れるだろう。ストリームビデオが世界のすみずみまで浸透するとともに、ウェブカムを装備したすべてのテロ伝道師は、グローバルな活動範囲を誇るだろう。また、ITは、使用される可能性が高まる兵器技術の進歩とともに、イスラム原理主義、環境主義過激派、ネオナチなど、何であれ、いずれも等しく支援する。


それなのに、アメリカの対テロ戦争は、脅威を狭い範囲に限定する。いわく、ムスリムまたはアラブ世界を変えねばならぬ。
もちろん、それはそうだ。しかし、それでは足りない。このアプローチを強引に成功させるとしよう。つまり、この15年間に「イスラムの怒り」が消えうせたとしよう。それでも、もし新たに成長するテロリストの脅威、つまり、その技術力とその結果に対応できなければ、われわれの安全は確保できないだろう。次に来る前例のないダメージが、右からか左からか、外国からか国内起源かにかかわらず、オクラホマシティが9/11の後では小さく見えれたのと同じように、9/11が色あせて見えるくらいひどいことは確かだ。


アメリカの反テロリズム政策のすべてがイスラム中心だというわけではない。政府の国土安全政策は、原子力発電所およびバイオテクノロジー研究施設にも注意を払っている。しかし、それが適正になされたとしても、(端的にいえばノーだが)、国内にのみ注目しても国土の安全は保障されない。ブッシュ大統領が強調したように、われわれは外国の大量破壊兵器について心配しなければならない。米国に持ち込まれるすべての細菌入りバイアル、すべてのスーツケース核爆弾を検出するというとてつもない困難さに直面することになる。それができたとしても、その種の兵器を所有するとわれわれが疑う国を侵略するという、ブッシュの最も特徴的なこの問題の解決法は、多様な意味で損失が大きすぎて、普遍的に適用することはできない。


私に何かの見落としがないとすれば、国際的な軍備制限に換わりえる選択肢は結局は存在しない。それは、非現実的にさえ思える想像を絶する厳しい性格の軍備制限でなければならないだろう。それを達成するのは、最初は地球的規模より小さい一連の欠陥のある協定を改善することによる長期間の、厳しい、躓きの多い苦難の過程となるであろう。しかし、今のところ詳細は重要ではない。なぜなら、ブッシュ政権はこの基本的アイディアに反対だからである。


何故そう言えるのか?何故なら、ジョン・ボルトンは、単なる軍備制限担当次官だったわけではなく、これまで、政権の軍備制限思想の思想的主導者だったからである。他の国家に査察を受け入れさせるには、アメリカもその査察体制に従わなければならないだろう。ボルトン氏のイデオロギーに従う人々は、それはアメリカの国家主権の侵害になると主張する。そして彼らはまさに正しい;ただし、その国家主権の犠牲は、テロリストにあなたの都市を爆破させることに比べればはるかに小さな犠牲ではないのか。


9/11の数週間前に、ブッシュ政権は、生物兵器条約会議に提案されたプロトコルを拒絶して文明世界と対立した。プロトコルはバイオ兵器の所有を隠した加盟国に、検査官の立ち入りを認めさせるよう条約を強化する計画だった。


9/11および続いて起きた炭疽病菌攻撃によって米国政府は反対姿勢を緩めるだろうか。あるいは、プロトコルが不完全なことは疑問の余地がなかったのなら、米政権は少なくとも代替国際査察体制を提案するべきではないか?9/11の2か月後に、ボルトン氏は、会議の加盟各国を前にして答えはあくまでノーだと伝えた。誰が査察を必要としているのか?とボルトン氏は、聴衆に述べた。「イラクのバイオ兵器プログラムの存在は議論の余地はない」。


ボルトン氏が成し遂げた軍備制限の成果は「プロリフェレーション(増殖)セキュリティ・イニシアチブ」である。それは、非合法軍需品を運んだ疑いをかけられた船舶の停船を奨励する。ボルトン氏は、臨検停船は協定の範囲内だと言う。ボルトンが言わないこととは、協定は停船命令をする権限を、新しい勢力に認めていないので、協定の外で起きたかもしれないということである。このような勢力の停戦命令は、外国の商船だけでなく、米国国旗を掲げて航海する船にも適用されるが、これは当然米国国権の許しがたい侵害である。


今から20年後の世界が、今から20年後の技術から身を守るためには、われわれは不法な兵器の供給ではなくそれらの需要をなくす対策に取り組まなければならないだろう。ティモシー・マクベイとオサマ・ビン・ラディンが促進した技術的な側面の教訓とは、時間を越えた憎悪が効率を増大させた殺戮に変形することである。憎悪を消すことは、途方にくれるような不確かな挑戦である。しかし、れわれには、国内、海外で多くのなし得ることがある。


国内にあっては、切れかかっている少年が、潜在的なティモシー・マクベイになっていても、誰も気が付かないという現実があるのだから、市民相互の会話が必要である。国外にあっては、国力を優美に使うことが要求される。は、正しいことを行うためにはたまには世界に反対しなければならない。しかし、大抵の場合は、世界と対決するのは、優雅に回避するべきである。国連でボルトンに米国を代表させる見通しについて、心に警鐘が響くのはなぜだろうか?


Robert Wright, a fellow at the New America Foundation and at Princeton University's Center for Human Values, is the author of "Nonzero."

米紙核兵器関連記事一覧